BLOGブログ
BLOG

出張撮影とは?スタジオ撮影との違いとメリット・デメリット比較

2023/04/08
ロゴ

近年、写真や映像の需要が高まり、出張撮影を利用する人が増えています。

 

出張撮影とは、スタジオではなく、クライアントの希望する場所で行われる撮影のことです。

 

本記事では、出張撮影とスタジオ撮影の違いについて解説し、それぞれのメリット・デメリットについて比較していきます。

 

 

【出張撮影とスタジオ撮影の違い】

 

出張撮影とスタジオ撮影の最大の違いは、場所です。

 

スタジオ撮影は、専用のスタジオで行われる撮影ですが、出張撮影は、クライアントが希望する場所で行われます。

 

出張撮影では、屋内や屋外など、さまざまな場所で撮影が可能です。

 

また、出張撮影では、撮影する被写体や商品を持ち込んでもらうことができます。

 

一方、スタジオ撮影では、スタジオに備え付けられた背景や小道具を利用することになります。

 

そのため、出張撮影では、自社商品の撮影やオンロケーション撮影など、スタジオ撮影では難しい撮影も可能になります。

 

 

【出張撮影のメリット・デメリット】

 

出張撮影の最大のメリットは、場所を選ばないことです。

 

クライアントが希望する場所で撮影できるため、被写体や商品の魅力を最大限に引き出すことができます。

 

また、出張撮影は、クライアントがスタジオに行く必要がないため、時間の制約が少なく、効率的な撮影が可能です。

 

一方、出張撮影のデメリットは、現地の環境によっては、光量や背景など、撮影条件が悪くなる場合があります。

 

また、出張撮影では、機材やスタッフの移動費用がかかるため、スタジオ撮影よりも費用が高くなる場合もあります。

 

 

【スタジオ撮影のメリット・デメリット】

 

スタジオ撮影の最大のメリットは、完全なコントロールができることです。照明や背景、小道具など、すべて自由に選択することができます。

 

そのため、スタジオ撮影は、クオリティの高い撮影ができ、広告写真や商品撮影に適しています。

 

また、スタジオには、機材や小道具が備え付けられているため、クライアントが持ち込む必要がなく、手軽に撮影ができます。

 

一方、スタジオ撮影のデメリットは、場所を選ぶことができないことです。

 

スタジオ撮影は、専用のスタジオで行うため、クライアントにとってアクセスが悪い場合があります。また、スタジオには、機材や小道具が備え付けられているため、その分費用が高くなる場合があります。

 

 

【まとめ】

出張撮影とスタジオ撮影は、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

出張撮影は、クライアントが希望する場所で撮影できるため、自社商品の撮影やオンロケーション撮影ができ、時間の制約も少なく、効率的な撮影が可能です。

 

一方、スタジオ撮影は、完全なコントロールができ、クオリティの高い撮影ができます。

 

どちらを選ぶかは、クライアントの希望や撮影の目的によって異なります。

 

しかし、撮影条件や費用、時間の制約などを考慮した上で、適切な選択をすることが重要です。

 

本記事を参考に、出張撮影とスタジオ撮影の違いを理解し、撮影に最適な方法を見つけてみてはいかがでしょうか。