BLOGブログ
BLOG

埼玉 ニューボーンフォトでおくるみの写真を撮影したいなら知っておきたいこと 

2018/10/01

埼玉県でニューボーンフォトのおくるみの写真を出張撮影したいなら知っておきたいこと

 

目次

1、人気のニューボーンフォト

2、意外と知らないニューボーンの期間

3、おくるみってなに

4、知っておきたいこと

 

 

1、人気のニューボーンフォト

ここ数年で、欧米では主流であるニューボーンフォトが注目を浴びてきています。

 

口コミやインスタグラムなどへの投稿された写真を見て、新生児の撮影であるニューボーンフォトが可愛いと話題になり増加の傾向にあるようです。

 

埼玉でも出張撮影で自宅へフォトグラファーを呼んで撮影をするという人が増えています。

 

自宅への出張撮影だと、授乳やおむつ交換赤ちゃんの体調など心配が減りますよね。

2、意外と知らないニューボーンの期間

ニューボーンフォトって出産してどれくらいの期間で撮影するのがいいのかわからないという人も多いようです。

 

新生児の期間は、生まれてすぐから生後28日間ですが、ニューボーンフォトとして撮影するのが好ましい時期は生後2週間くらいまでです。

 

理由は、新生児らしさの残るしわくちゃな姿でいられるのがだいたい2週間くらいだからです。

 

2週間をすぎると顔立ちもしっかりし、ふっくらとしてきますので生後2週間以内で撮影することをおすすめいたします。

 

実際、出産前後はバタバタして忙しく新生児の期間をいつの間にか過ぎてしまっているということも少なくないようです。

 

埼玉でもニューボーンフォトを撮影するなら2週間以内がおすすめです。

3、おくるみってなに

 

ニューボーンフォト検討している方が一度は見て可愛いと思ったことのある写真です。

 

ミノムシみたいとも言われているようです。

 

どんな写真かというと赤ちゃんの体を布でくるくるに丸く巻いた写真です。

 

赤ちゃんも布にくるまれることで安心するようです。

 

埼玉でニューボーンフォトをする予定なら是非アイデアの一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

4、知っておきたいこと

 

おくるみにする際に、知っておくとより上手くいくポイントがあります。

 

赤ちゃんは起きているとよく動きますよね。

特に、おくるみをする際は足や手が動くと崩れやすくなります。

 

ではどうしたらいいか、それは赤ちゃんを眠らせた状態で撮影をすることです。

眠らせることでほとんど手足は動かなくなりますのでスムーズにおくるみを作ることが可能になります。

 

埼玉などで出張撮影でニューボーンフォトを撮影したい方は、是非眠らせておくるみしてみてください。