BLOGブログ
BLOG

関東で出張撮影 7月におすすめのお花

2018/06/21
ひまわり

7月の出張撮影におすすめのお花

今回は、夏の出張撮影におすすめのお花をご紹介させていただきます。

夏に誕生日を迎えられる人、夏が大好きという人には夏を感じさせるお花畑での撮影がとてもおすすめです。

お花には花言葉もあるので、今の自分達にぴったりの花言葉のお花との撮影も写真に深みがでますね。


1、サルスベリ

 

サルスベリは、漢字で百日紅といい夏〜初秋の間、ピンク色の花を咲かせています。


出張撮影するなら、サルスベリの葉っぱの緑とピンク色の花を背景に、人にピントを合わせてぼかして撮影するのもおすすめです。

 

木の幹も白く、普通の木々とは違うため雰囲気の違う写真になります。

 

サルスベリの開花時期は、7月〜10月頃までと結構長く咲いているようです。

 

また、色もピンクや赤、白などいくつか種類があるようですね。

 

花言葉は、好感を感じさせる柔らかな雰囲気という意味のある「愛嬌」や物の言い方が力強く優れているという意味のある「雄弁」、注意がたりないという意味のある「不用意」などいくつか意味があるようです。

 

2、ひまわり

 

夏といえばイメージする花は「ひまわり」、という方も多いのではないでしょうか。

 

ひまわりは、漢字で向日葵と書き、太陽の向きに合わせてお花の向きを変えることが名前の由来のようです。

 

開花時期は、場所によって様々で7月〜9月と広い時期で咲いていますが、場所によって7月に咲いたり、9月に咲いたりと様々なため事前にHPなどで調べておいたほうが安心かもしれません。

 

ひまわりと言っても、小さいひまわりから、背丈を超えるくらい大きなひまわりまで様々な大きさの品種があるようです。

 

晴れた日に撮影ができれば、青空と黄色のコントラストの効いた気持ちのいい写真が撮影できそうです。

 

出張撮影をするならできるだけ広大なひまわり畑で撮影をすると、写真の仕上がりも素敵になると思います。

 

花の色は、黄色やオレンジなどをよく目にしますね。

 

花言葉は、深く愛し慕うという意味のある「愛慕」やあがめて信仰するという意味のある「崇拝」、 「あなただけを見つめる」という意味があるようです。

 

出張撮影でのエンゲージメントフォトやフォトウェディングなどにピッタリのお花ですね。

 

3、ラベンダー

 

ラベンダーは、品種によって開会機が違うようで5月〜8月が開花時期のようです。

 

色は上品な紫色です。

 

ラベンダー畑の撮影は、優しい香りに包まれながらの撮影になると思うのでいい気持ちの出張撮影になりそうです。

 

ラベンダーの紫色が上品さを引き立てる写真にもなりますね。

 

晴れている昼間はときは青空とのコントラストが、夕方の夕日の雰囲気とだと幻想的な写真が撮影できそうです。

 

花言葉は、「沈黙」や「私に答えてください」「期待」「疑惑」「不信感」等があるようです。

 

4、まとめ

 

夏に向けていろいろな種類の花が咲きますが、今回は7月頃に咲いていると思われるおすすめのお花をご紹介させていただきました。

 

少し遠くなる場合もありますが、お花畑での出張撮影はとても思い出になること間違いなしです。

 

家族や、恋人、友人などとその場所での思い出を作りながら出張撮影で写真も残してほしいですね。